ネイチャーゲーム  2000年のネイチャーゲーム体験  


 おぉー! 秋の蓼科はいいぞぉ 


 蓼科高原は私の住んでいる諏訪市のお隣、茅野市にあります。ここに、諏訪市の小学校5年生が3ヶ月間合宿による共同生活をとおして、自らのステップアップを図る施設(いまは、福祉法制による施設ではなくなってしまいましたが)“蓼科保養学園”があります。
 我が家の上の娘がちょうど行っており、入所中間のこの時期に面会日がありました。午後の自由時間、ネイチャーな時間を過ごしました。一番よろこんでいたのは歩ぴー (alppy)だったのかな。林の中にたくさんある落ち葉。「大地の窓」をやってくれって言っているようだった。すぐさま、やっちゃいましたけど。落ち葉の布団って、とっても暖かいんだよね。それに、視界の中をハラハラと舞い落ちてくる落ち葉。青空の中に浮かぶ薄雲。ずっとこのまま居たい感じも。
 あれ、きょうは“たんち”が主役のはずだったのだけど。
大地の窓

(2000.11)

 長野県ステップアップセミナー in 大平宿 


 毎年、ネイチャーゲーム指導員の研修の大きな取り組みとして、全国各地でおこなわれているのが「ステップアップセミナー」。
 今年、長野県では「いいだネイチャーゲームの会」がホスト役となり、飯田市の「大平宿」にて開催されました。
 セミナーの内容もさることながら、会場となった「大平宿」。昭和後期に廃村となった集落を、雄志が活用保存をしているところ。江戸時代からの宿の様子をそのままに残したところとして、全国的に知られている場所です。
 シンプルイズベスト、何もないところといった感じですが、その分五感もフル活動ができてしまいます。
 冬に向かって去りゆく秋の日、ネイチャーゲームで一層深まった二日間でした。
囲炉裏端での講義

(2000.10)

 2000年 全国一斉ネイチャーゲーム大会


 毎年、10月中旬の日曜日、全国200あまりの会場で一斉に行われているのが 「全国一斉ネイチャーゲーム大会」。
 ネイチャーゲームの普及と、ネイチャーゲームをとおして自然にふれあう機会をと願って開催されています。
 今年は、まつもとネイチャーゲームの会でも、10月15日に松本市「アルプス公園」にて開催。20名余のみなさんに参加をいただきました。
 全国一斉大会はもとより、年間を通じて各地でネイチャーゲームをおこなっております(ところによって、多かったり少なかったりもありますが...)。機会を見つけて、参加してみてはいかがでしょうか。
 五感を使ってしぜんを感じる体験。日頃にはない体験がそこにありますよ。
動物ジェスチャー

(2000.10)

 再び 熱意をよびおこす

 「熱意をよびおこす」この言葉は、ネイチャーゲームのフローラーニング第1段階(カワウソのマーク)のテーマです。
 私のネイチャーゲームに対する熱意は、3年前の初級指導員研修以来、冷めていく一方だったように思います。
 今回、ネイチャーゲームの創始者、アメリカのジョセフコーネル氏をお迎えしてのワークショップが戸隠でありました。半分以上は妻に引っ張られていった部分もありましたが、戸隠の自然の中(スキー場の支柱が気になりましたが)コーネル氏の穏やかな語り口調(英語が直接わかれば、もっとよかったのでしょう)で、初体験のゲームも数多く、充実した一日を送ることができました。
 表情豊かに、ゆっくり、静かめに語る姿は、自然にとけ込んでいるようでした。
 このおかげで、私のネイチャーゲームに対する熱意が再び呼び起こされるような感じです。

(2000. 7)

 春の森はキラキラ!

 なかなか、ネイチャーゲームに触れる機会がなく日々を過ごしておりましたが、2000年3月にお隣の県まで、ネイチャーゲームに参加しに行って来ました。
 「恵那山ネイチャーゲームの会」主催で、「春の森はキラキラ!」というテーマ。ネイチャーゲームをしながら、水晶を探すという内容。水晶探しに惹かれて、中央道を飛ばしての参加です。
 なお、このときの情報は、ネイチャーゲームのメーリングリストで、恵那山ネイチャーゲームの会の原さんの投稿から入手いたしました。
 参加者で参加するのは、楽しいなぁ。

(2000.3)


歩ぴー (alppy) from 信州諏訪
yukis@kumachi.net   〜 letter 〜 お便りは こちらへネ....

ネイチャーゲーム トップへ